延岡発祥 破れ饅頭

yabure manju

商品紹介

破れ饅頭のルーツは、天孫降臨の地「高千穂」にあった。
慶長19年(1614年)、日向の国・延岡に生まれた「皇賀玉(おがたま)饅頭」は、後に、その姿から「破れ饅頭」と呼ばれるようになった。
それは、天孫降臨の地、高千穂の「天の岩戸(あまのいわと)」伝説に登場する天鈿女命(アメノウズメノミコト)が手に持って舞った「おがたま」の実を象(かたど)ったものだった。

※大正時代の延岡の風物や名産などを記した書物「延岡大観」(山口徳之助著)に破れ饅頭に関する記述があります。

「延岡大観」に記載の全文はこちら

神楽に用いられるおがたまの小枝をかたどった鈴

北海道十勝産の小豆は「畑のルビー」と言われるほどに、キラキラと輝いて、美しい。
小豆の品種名は「エリモ」。
渋切りを徹底する独自の製法で立ち上がる小豆の風味を得た。
甘味の質を決める砂糖の選定には苦労したが、その甲斐あって後切れの良いすっきりとした甘さとなった。

饅頭の皮にもこだわった。
貴重な山芋をたっぷりすりおろし米粉と砂糖を合わせ、まるで「かるかん」を薄く削いで餡に張りつけたような皮にした。

しっとり、ふくよか。小豆の味を醸す真の饅頭『延岡発祥 破れ饅頭』。
味には厳しい方々が、目を細め笑みを浮かべて味わってくださる。

延岡発祥 破れ饅頭

動画:世界を旅する破れ饅頭

破れ饅頭が海を越えてアメリカへ。

動画:破れ饅頭 こだわり編

破れ饅頭のこだわりを、虎屋社長・上田耕市が解説します。

商品価格

延岡発祥 破れ饅頭

  • 賞味期限:30日(常温/未開封)
  • 開封後は、なるべくお早めにお召し上がりください。
  • 冷凍保存もできます(-10℃以下で30日間)。
  • 温かなものがお好きな方は、軽く蒸してお召し上がりください。
商品名/個数 販売価格
サイコロ破れ饅頭 160円(税込)
破れ饅頭 6ヶ入 500円(税込)
破れ饅頭 12ヶ入 900円(税込)
破れ饅頭 20ヶ入 1,600円(税込)
破れ饅頭 40ヶ入 3,000円(税込)
破れ饅頭 60ヶ入 4,500円(税込)
破れ饅頭 80ヶ入 6,000円(税込)
破れ饅頭 100ヶ入 7,200円(税込)