日向の国 風の菓子『虎屋』(宮崎県延岡市)  >  虎屋サロン  >  山野の和み(竹細工・ガーデニング作品展)

お知らせ

news

山野の和み(竹細工・ガーデニング作品展)

期間:2017年5月20日(土)〜6月2日(金)

山野の和み

竹細工:高見昭夫
ガーデニング:県病院園芸ボランティア「彩りの会」 児崎成枝/楽しいガーデニングの会「ざざんぴあ教室」 藤並 香

§ 竹を知るいろいろ
かっては、竹は日常生活の隅々に行き渡っていましたが時の流れで瞳にすることが無くなりました。

§ 竹に関する初耳学
・発明王 エジソンが電球のフィラメントに直径3ミリの真竹のヒゴを炭化した竹は、京都八幡の真竹です。 ・テレビでおなじみの水戸黄門の別邸である西山荘の太い床柱の竹は、鹿児島の孟宗竹です。 ・東北の会津磐梯山の歌に「会津磐梯山は宝の山よ・・」の宝とは、約100年に一度花が咲き竹林が枯れて、その時に結実する実が食用として、臨時収入となつたことを唄ったものです

§ 展示にあたって
今回の展示品には、舞野町 松井さんと、吉野町 柴田さんの所蔵品を提供して頂いています。昭和の時代に、竹ヒゴから日常生活に欠かせない用具に展開する先人達の技量の凄さと、あの時の懐かしさを感じていただきたく思います。

§ 植栽の器として
昨年は孟宗竹を炭化した器でしたが、今回は川南町の陶芸家(とみ徳) 富岡徳昭氏のご協力を得て、バラエティーな食器類で 多様な器の表現が出来たと想います。

§ ガーデニングの特徴
身の回りの容器に植栽した洋風盆栽です、底から水が抜けませんから、水やりの手間が省けます、器の上に自然の風景を描き植栽します。
* 根腐れしないの?:呼吸困難で根腐れすることはありません。土は無菌の焼土と細粒竹炭をベースとします。

ご覧のみなさま、山野の和みに接して自然の風を感じていただければ幸いです

お知らせ一覧へ戻る

お知らせ

カテゴリーで選ぶ