日向の国 風の菓子『虎屋』(宮崎県延岡市)  >  虎屋サロン  >  影山美代子・本田晶子 二人展

お知らせ

news

影山美代子・本田晶子 二人展

期間:2017年4月8日(土)〜4月21日(金)

20170407

影山美代子・レジンアート

これまで色々なハンドメイドの創作を楽しんできました。4年ほど前に「UVレジン」と出遭い、その魅力の虜になりました。それ以来、創作の世界が一気に広がっていきました。

「UV」は「紫外線」の略で、「レジン resin」とは、英語で「樹脂」のことです。好きな形に固めることができて、固まったあとは穴を開けたり削ったりと加工もできます。しかし、レジン作品の醍醐味は、ぷっくりとしたフォルムの中に、さまざまな素材やパーツを封じ込め、世界にひとつだけのオリジナルな作品を作れるということです。中に入れるものは、ネイルアート用のパーツや布、紙もドライフラワーも、食材までも使えます。作り手のひらめき次第でレジンアートの世界は無限に広がっていきます。

だからこそ、年齢に関わりなく多くの人に知ってもらい、自由な発想で貴方だけのオンリーワンの作品づくりを楽しんでいただきたいと

思っています。レジンアートの教室を開いています。 私がお手伝いしますから、関心のある方は遠慮なさらず、ご連絡ください。

本田晶子・ワイヤーアート

女性はキラキラと光るものが好きですね。私も大好きです。それで、初めはビーズを素材にいろいろと装飾品を作っていました。

ある日、息子から「こんなアクセサリーがあるよ」と手渡された本を開いたその時からが私の創作新世界の始まりでした。

そこには、これまで見たことのない「天然石とワイヤー」で出来たいくつもの素敵なアクセサリーが載っていたのです。

その本は洋書でしたから、内容は全て英語。それからは辞書をそばに置き、洋書を解読しながら、ホームセンターで買ってきた針金を叩いたり伸ばしたり、ねじったりの練習を繰り返し行いました。何度も何度も失敗してはそこから学び、どうにか心に描いたものを形にすることができるようになりました。 今作品に用いているワイヤーはドイツとアメリカからの輸入品です。

これからもっと難しいワイヤーアートの技法にチャレンジしていきたいと思っています。

お知らせ一覧へ戻る

お知らせ

カテゴリーで選ぶ